ベッド配達

ベッドの配達は引越し業者がおすすめ

ベッド配達

ベッド 配送

ベッド はこぶ

ベッド 移動

ベッド 輸送

ベッド 運送

 

ベッドは便利ですが、運ぶとなると途端にやっかいな存在になりますね。

 

ベッドを運んでくれる業者といえば、宅配業者・引越し業者・便利屋などが思い浮かびます。

 

しかし、ベッドなどの大きなものを運んでくれる宅配業者は大手の宅配業者の家財便だけです。
郵便局では、30kg以上のものは扱っていませんし、便利屋さんはない地域もあります。

 

ベッドの配達は、数の多い引越し業者がオススメです。

 

引越し業者は一括見積もりで、最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

複数の業者から見積もりを取ることで、相場はもちろん一番安い業者も簡単に見つけることができます。

 

引越し業者には、ベッドだけを運んで欲しいという依頼も少なくありません。

 

ほとんどの引越し業者では、大きな家具だけを運ぶサービスを行っています。

 

お気軽にお問合せくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しと初期費用

 

ベッド配達経費

 

引越しは費用がかかりますが、大きなものは引越し代と物件の契約料ではないでしょうか。
マンションやアパートを借りるのが初めてという方は、入居時にかかる費用についてよくわからないと思いますので、ここに記しておきますね。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用は、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがあります。

 

敷金は物件の退去の際に物件を補修する費用で、先に貸主に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば、退去時に返還されます。
しかし契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていました。
最近は礼金ゼロという物件もあり、部屋を探している人が少しでも入りやすくするために礼金をゼロにしている貸主さんもいます。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいますが、これは家賃の滞納が社会問題となっているためちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントの物件もあります。家賃を1カ月無料にするのでウチへお入りくださいということですね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用で、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。
契約前に確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
なので連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入させられます。
隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
前の住人がスペアキーを作っていた場合もありますが、何本作っていたかはわかりません。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんので、付け替えましょう。。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差がありますので、契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しの通常期(オフシーズン)と繁忙期(オンシーズン)

 

ベッド配達見積もり

 

引越し件数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期です。
この時期は通常期(オフシーズン)に比べると、費用に大きな差があります。

 

4月から大学に入学する学生や就職した新社会人、また人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべて繁忙期に移動するのです。
この時期、引越し業者はスタッフを増員してみたり、1日に回る件数を増やすなど対策を講じますが到底人手が足りないのが現状です。

 

繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

それでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼しましょう。
安くて条件の良い引越し業者ほどどんどん予約が入ります。ギリギリになるほど高い業者しか残らなくなるのです。

 

繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備しましょう。

 

 

引越しの手順

 

引越しのおおまかな手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

おおまかな手順はこのような感じになります。

 

引越し業者への見積もりは新居が決まってから取りましょう。
エレベーターの有無や引越し業者のトラックを停められる場所によって引越しにかかる時間が変わるため、費用も変わります。
時間がかかる引越しのほうが当然費用がやや高めになります。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかりますので、不用品は売る・捨てる・あげるなどして処分しておきましょう。
どうしても間に合わない場合は引越し業者に有料で処分してもらうこともできます。

 

市外への引越しの場合は、役所への転出届が必要です。
引越し先が近隣ならいいですが、遠方ですとなかなか面倒な手続きになるので、必ず引越し前に提出しておきましょう。

 

電気・ガス・水道は引越し日止めてもらうように手配し、日割りで精算してくれます。
ガスがガス会社立ち合いで元栓を閉める作業があります。
詳しくは各会社に電話して問い合わせてください。

 

さらに同じ市内なら〇日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておきましょう。
水が出ないとお手洗いに困りますし、ガスが使えないとシャワーも使えませんのでお忘れなく。

 

郵便物は1年間は新居へ転送することができます。
その間に知人に引越ししましたという連絡をしてください。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら転入届を同一市内なら転居届けを2週間以内に提出してください。
選挙や税金などの大事なお知らせが役所から届くようになります。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから早めに連絡しましょう。

 

 

引越し挨拶に行く時期

 

引越し挨拶

 

引越しの挨拶、ちょっと億劫ではありますが「挨拶もできない人」という印象を与えないためにも行きましょう。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日には行きましょう。
なぜかというと先延ばしにすると面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

手ぶらでももちろん構いませんが、引越し当日までに簡単な粗品を用意しておくのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤などが喜ばれると思います。

 

では、一体どこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなどの集合住宅なら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては、昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒に挨拶します。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、だいたい町内のなかで当番制で清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルール、お祭りなどを地域の行事を聞いておくと安心ですね。

 

 

引越しを安くする条件の見直し

 

引越し見直し

 

引越しの費用は安いほうが嬉しい。
でもどうやって費用を安くすればいいのかわからないという方は、まず引越しの条件を見直してみませんか?

 

最初に引越し料金というのは荷物の量が多ければ多いほど高くなります。
引越し前に不用品はできるだけ処分しましょう。

 

3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期ですから、できるのであればこの時期は避けたほうがいいです。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりを行って1番条件の良い業者と契約しておきましょう。 
準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向がありますので、ご注意ください。

 

そして土日祝日は仕事が休みの間に引越しが出来るということで引っ越しの希望者が多いので費用がやや高めです。
平日なら割引してくれることが多いので、平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

午前中に荷物を新居に搬入して午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも人気があって費用が高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
しかしこれらは荷物の量が多いと利用できませんし、混載便は荷物が集まるまで少し時間がかかる場合もあるので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

 

ベッド搬送 家具運送